弊社リチウムバッテリーのいろいろな使われ方!!

いろいろな用途に使用されるリチウムバッテリー

車のスターターバッテリーからエレキモーターのバッテリー、また魚探用バッテリーと弊社バッテリーには種類がありますが、そのバッテリーが多方面でも使用される機会が増えてきています。

例えば・・・・・・・・

とある遊園地のアトラクションに使用されているバッテリーが、エレキモーター24V用に販売しているSE-241000バッテリーが使用されています。

この乗り物は、10Aから最大負荷時25Aほどの電力を使用する乗り物で、鉛バッテリーでは直ぐに1日もたなく終わってしまう為、リチウムバッテリーを選択されています。

鉛バッテリーと比べると、定格電圧も高くなる弊社24Vバッテリー。1日の電力提供はもとより、速度のスピードアップにも貢献しています。

次に紹介するのは・・・・・・・・

これは道路工事の電飾看板です。

道路工事でよく見かける看板ですが、車通りが少なくなった夜中から、朝方まで電飾を照らしながら使用する看板の電力供給源に、弊社魚探用リチウムバッテリー、SE1230が一部使用されています。

2A〜3Aの電流を8時間ほど使用する使い方をする電飾看板。16Ah〜24Ahほど使用する計算になりますが、30Ahのこのバッテリーであるならば1日は十分に持ちます。

また看板に柱に装着するため、15cm四方で約2kgの小型バッテリーが邪魔にならず丁度良いらしいです。

リチウムが選ばれる最大の理由

今まで持ち運びできる電源として活躍してきたディープサイクル鉛バッテリー。

いくらディープサイクルと言えども、放電深度が深い使用方法をする場合は、酸化(サルフェーション)が起きるため容量低下が著しいです。

もはやこのような使用方法で使用するバッテリーは、鉛バッテリーでは役不足となっているのが現状です。

いろいろな電気機器は、消費電力も増え、稼働時間も増えているのが現状。

どのような機器にどのくらいの時間を使用するかを想定し、それに合うリチウムバッテリーの選択で悩みが解消されることがあるかもしれません。

刀を磨く!!

GSX1100S KATANA備忘録

放置されていたGSX1100S KATANA!!ガソリンも腐り、ヒューエルラインの洗浄も必要なほど悪コンディションだが、春先に向けて再生計画が始まりました。

ガソリンの劣化がこれほど進めばバッテリーの劣化も進んでおり、完全にバッテリーは使い物にならない状態に・・・・・・・・

そこでこれを機にバッテリーを鉛からリチウムバッテリー変更です!!

今回のように長い間の放置期間があっても耐えうるように、自己放電の少ないリチウムバッテリーを選択したとの事です。

しかし、車両側に暗電流があってはリチウムバッテリーだって放電します。

そこで暗電流をカットするために、弊社のバイク用カットオフスイッチを同時に装着します。

あと心配なのは車両側のジェネレターの作動状況。充電電圧の確認が必要です。

アイドリング時14.1V前後、4000回転程で14.3V制御され個以上は上がらず!ジェネレターは完ぺきな仕事をしてくれています。

リチウム電池の適応電圧は13.5V以上14.6V未満となります。

このエアクリーナーボックスの下にバッテリーを装着するKATANA。

バッテリーへのアクセスは決して楽ではありません。

バッテリー交換を行うのもめんどくさいはずです。

そこで役に立つのが前述したバッテリーカットオフスイッチです。

取り付ける場所を決めて、大体のアース配線の長さを決めます。スタンダードモデルの40cmを選択(10、20、30、40cm選択可能)

フレームに括り付けてここに設置。シートも開けずにエアクリーナーボックスも取らずに、ダイヤルを回せばカットオフが簡単にできます。

このリチウムバッテリーとカットオフスイッチの組み合わせで、バッテリー上がりから解消されます!!

取材協力:BLAZE

エレキモーター用バッテリー12V2個→24V1個に変更

この方は弊社12Vリチウムバッテリー SE12750を発売当初からお使いいただいていました。

SE12750 12V×2個をエレキモーター用、1個を魚探用として3個をお使いになっていました。

この度、エレキモーター用のバッテリー2個を、SE-241000 1個を再度購入して使用する事になり、そのインプレも送って下さったのでご紹介いたします。

弊社SE-12750は車用、バイク用のバッテリー販売のみだった弊社に、「軽いエレキ用リチウムバッテリーを制作してほしい」とご依頼を受けて作ったものです。

弊社電池は最大電圧:4.2Vの電池を3直列の12.6Vとなります。これを2個直列にした場合は最大で25.2Vになります。

DCモーターに対しては電圧は良しも悪しも影響を与えます。例えば電池を4個直列にした場合は、最大で16.8Vとなり、このバッテリーを2個直列にすると33.6Vとなってしまい、12V/24VのDCモーターにも高い電圧となってしまいます。

しかし、エレキモーターでのボートスピードに拘るこの方は、より高いスピードを求めて今回の24Vバッテリーを選択しました。

この選択にはこの24Vリチウムバッテリーの電池構成にあります。

最大電圧4.2V×7直列となっているこのバッテリー。最大で29.4Vとなります。12Vリチウムバッテリーと比較して4.2V電圧が高くなります。

容量も100Ahと増大された分、エレキの使用頻度を高めても安心して使用できると選択されたようです。

以下本人の感想となります。

エレキ:ミンコタ ウルトレックス80 (24V)

ボートスペック:チャンピオン161

エンジン:ヤマハSHO125馬力

昨年まではSE-12750を2台使用して、24Vエレキを使用しておりましたが、

エレキのパワーを100%にしても、スピード移動等で多少ストレスがありました。

使用環境に寄っては、5時間程でバッテリー残量が0になってしまうことがありました。

昨年11月末に24V100Aのバッテリーが発売されると 情報を頂き今回ご購入させて頂きました。

専用のリチウムイオンバッテリートレーを作成して、ボートへ取り付けが完了しましたので、初使用になります。

まず、エレキを動かして感じたことは、エレキのパワーが弱くても、鉛バッテリー以上の、

パワーがあり、ボートの動きがスムーズでした。

エレキのパワーを100%で5キロ~5.5キロまで上がり移動のストレスは無くなりました。

又、バッテリー自体の電圧が上がっている為、ボートをステイする際も以前より、モーターの駆動するパワーが抑えられたことにより、バッテリー切れは起きないと思いました。

更に今回のバッテリーは容量も75A→100Aになっているのでより安心です。

2019年2月24日(日) 釣行時間:AM7:00~PM15:00迄

24Vエレキでスピードと使用時間を求められる方は、SE-241000の選択は良いかもしれません!

あえて純正リチウムバッテリーからEVOTECリチウムバッテリーへ交換!!

リチウムバッテリーからリチウムバッテリー交換!!

YAMAHAのオフロードレーサーYZ250F。

新モデルからセルスターターが採用された。これでオフロードレーサーをリリースしているメーカーの大半がセルスターターを採用する事になる。セルスーターターとバッテリーを搭載することにより、オフロードレーサーの致命傷でもある重量増加をカバーする為、純正バッテリーからリチウムバッテリーが採用されている。

より広がったスペースで軽量化が実感できます。

片手鷲掴み出来るリチウムバッテリーです。

取材協力 (有)オートショップ早知

東京都江戸川区南葛西4丁目2−2

TEL 03-5658-8198

魚探用バッテリーのこんな使い方!!

弊社魚探用バッテリーSE1230を電動リールに使用してくれた方からご報告を頂きましたので紹介します。

弊社バッテリーSE1230は容量30Ahのバッテリーです。これは魚探用として製作する際、小さい電流を長く使用していただく事をコンセプトに制作したバッテリーです。

この少し多めの容量が、違った使用方法である電動リールに使う場合にもメリットとして作用するようです。

電動リールはどの位の電力を消費するのでしょうか!?

リールにも又は釣る魚の大きさ等によっても変わってきますが、無負荷状態で3A程で負荷状態最大で13A程電流を消費するそうです。

バッテリーの長寿命に繋がる1 放電レート

バッテリーの長寿命に繋がる2  放電深度

電動リール使用動画

このEVOTECバッテリーは最大の電圧が12.6Vとなります。

通常電動リールと販売されているバッテリーは定格14.8Vと名なっているが多いです。

それらバッテリーと比較すると、電圧が低い分最初の巻き上げる力に差があるのは否めません。

それよりも上記で説明させて頂いた、放電レート・放電深度を考慮したバッテリーとなっています。

今回の検証者の方に巻き上げる力等の感想聞きましたが、「元気に巻いていた!!」という感想を頂きました 。

今回捉えたノドクロ            Sさん実証有難うございます。

新たに2種類の防水バッグ発売

DEEP CYCLEバッテリーSE-121000(100Ah)バッテリーとEV-12225(75Ah)バッテリー用として防水バッグを発売します。

全体的に防水機能の生地コーデュラを採用。上部と下部にはより防水機能があるスーパーコーデュラを採用する事により、上部からの雨水と下部のボートに浸水した水からバッテリーを守ります。

このバッグはACデルコ ボイジャーM31のバッテリーも入る大きさになっています。

30kgほどのバッテリーを持ち運ぶには、把手がついているバッグでの方が、より安定して楽にバッテリーを運ぶことが出来ます。

もう一つは昨年の年末に発売した魚探用バッテリー、SE-1230用防水バッグです。

これは肩掛け紐を採用する事により、両手がふさがった状態でも肩にかけて魚探用バッテリーが運べるようになっています。

ボートから車への往復が少し減るのではと思い採用しました。

収納スペースを確保!!

DUCATI ストリートファイター。この車両は名前の通り、戦う事しか考えてないからなのか「収納」という概念が全くといって無い!

噂によると新車での購入時、車載工具は手渡しされるとの話も聞いた。

それほどスペースが無いこのバイクにETCを装着するらしい…………。

そのスペースを確保するには!?

きっちり詰まっている感のあるこのバイクのどこにもそれらしきスペースは無く、またETCカードも出し入れが簡単な場所でなければ不便そのものともなってしまいます。

出し入れが簡単な場所と言っても……………。

そこでリアにあるバッテリー入れ覗く、ここしかない!!という事で弊社リチウムバッテリーにお声がかかったようです。

使用するリチウムバッテリーはEV-240です。

今までの使用していた純正バッテリーとのその体積の違いは約半分。その半分がスペースとして確保できるようになるのです。

バッテリー上部に大きなスペースが確保されます。

その上にETCカード入れを収める事が可能です。

バッテリーを左側に詰めて、出来た右側スペース収める事も可能です。

最後に蓋を占めて終了です。

蓋も問題なく閉まりましたし、なんなら車載工具も少しなら入れられるスペースもありそうです。

バッテリースペースの有効活用は他のバイクにもあてはまりそうです。スペースが無く困っている方は、リチウムバッテリーの選択もありですね!

取材協力

株式会社パットサービス

ホーム

オンボードチャージャーで充電してみました。

バスボートのバッテリー充電で数多く使用されているオンボードチャージャーですが、これを使用してリチウムバッテリーは充電できますか?とお問合せをよく頂きます。鉛バッテリー、AGMバッテリーには使用できるそうですが、リチウムバッテリーではどうなのでしょうか!?

鉛バッテリーと電圧範囲の大きな違いが無いリチウムバッテリーでテストを開始します。

弊社のエレキモーター専用の12Vバッテリー、SE-12750/SE-121000は使用できません。

そこで大排気量の車や、バスボートのエンジン始動用(エレキモーターでも使用可能)で販売しているSE-12225を使用してテスト開始です。

LiFePo4を使用してのリチウムバッテリーの場合、3.3V×4直列=13.2V(最大充電電圧14.6V)のバッテリーとなります。

鉛バッテリーは2.1V×6=12.6V(最大充電電圧は14.6V)ですので、範囲は狭いですが、最大充電電圧は変わらないので、充電は可能ではと推測されます。

充電スタートは12.4Vから、これは約80%の容量を使用した電圧です。残20%のリチウムバッテリー75Ahを充電していきます。

14時間ほど充電

12Vから13V後半までの充電スピードはかなり緩やか、それはそうですね約5.5A程で常に充電していくわけですから、14時間ほど充電時間はかかりました。結果しますとこのリチウムバッテリーでは問題なく充電は出来ました。

この充電電圧範囲であるならば問題なく使用できます。

しかし、リチウムバッテリーに良い環境下なのか!?というと一つ問題点があります。

リチウムバッテリーは、深電率が高い(容量の減少)使用方法もバッテリーにあまり良くないですが、満充電状態を長く続けるのもあまり良い使用方法ではありません。

常に満充電状態で監視してくれるオンボードチャージャーはリチウムバッテリーには過保護すぎるという事です。

頻繁に使用される場合は問題ないと思います。

魚探用のバッテリー使用レポート

先日発売した魚探用リチウムバッテリーSE-1230の使用レポート届きました。

このレポートように、2.5kgほどのリチウムバッテリーで合計3台の魚探(使用電流値3.1A)を10時間にわたり使用できます。

(詳細はレポート確認してください。)

魚探用のバッテリーはみなさんどのようなバッテリーをお使いでしょうか?

エレキモーターに使用するような大きな容量の鉛バッテリーですか?それとも容量が30Ahほどの鉛バッテリーでしょうか?

エレキに使用するような容量の大きな鉛バッテリーの場合は問題ないでしょうが、容量が30Ah前後の鉛バッテリーの場合はバッテリーが短命に終わってしまいます。それは深電率の深さが関係してきます。

鉛バッテリーは深電率の深さで寿命が大きく異なります。例えば鉛バッテリー場合、30%の深電率で使用した場合と100%の深電率で使用を繰り返した場合では、その寿命が10分の1にまで減ってしまう事となります。👉【鉛バッテリーの特性】

リチウムバッテリーも決して深電率の高い放電が良いわけでは無いですが、鉛バッテリーのように酸化現象が起こり著しく性能が低下するような事は起きません。

鉛バッテリーを使用される場合は、深電率を考えてより大きな容量のバッテリーを選択されることをお勧めします。

使用レポートをご提供くださったY様有難うございました。